藤田嗣治の銅版画刊行と、フランク・シャーマンの業績を顕彰するためのプロジェクト。

フジタとの出会い

  • HOME »
  • フジタとの出会い

フジタとの出会いのきっかけは

%e5%87%b8%e7%89%88%e5%8d%b0%e5%88%b7%e3%81%ae%e5%89%8d%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3-2

凸版印刷の前のシャーマン

情報教育局所属・印刷、出版担当官としてのシャーマンの仕事は、アメリカから送られてくるグラビアや雑誌を、日本で再編集して印刷することでした。はじめは、丸の内のGHQにオフィスがありましたが、やがて凸版印刷・板橋工場の中にシャーマン専用の事務所を持つようになりました。
凸版の担当スタッフ(日本人)と談たまたま、シャーマンがハイスクール時代以来、フジタに憧れていたことに及ぶと、「藤田さんならこの近所の小竹町(当時・板橋区、現・練馬区)に住んでますよ」と教えてくれました。
「なんと、あのフジタが健在で、しかもほんの目と鼻の先に住んでいるなんて!」
とシャーマンはたいへん興奮しました。

▶アイゼンハワー・ジャケット ▶Indexに戻る

プロジェクトや版画購入のお問合わせはこちらに TEL 045-211-9500 10:00〜17:00[土・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © 河村アートプロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.