「ランス美術館展」平成29年10月7日から12月3日

200年以上の歴史を誇り、数多くの名品を収蔵するランス美術館。そのコレクションは5万点を優に超えますが、今回の展覧会ではその中から選び抜かれた約70点の名画をご紹介します。17世紀から20世紀にかけて、西洋絵画300年の歴史をたどる作品は、ドラクロワ、コロー、ミレー、ピサロ、ゴーギャンなど、日本人にもなじみの深い作家が数多く含まれています。また、ランス市には近年藤田嗣治の遺族の元に秘蔵されていた作品がまとめて寄贈されましたが、70点の出品作中、約30点を藤田の作品が占めています。名古屋市美術館とランス美術館は2013年に友好提携の覚書を交わし、名古屋市とランス市も姉妹都市提携に向けて現在準備を進めています。この両市の友好を記念して、3点の作品が特別出品されます。(名古屋市美術館HPより抜粋)

会期  :2017年10月7日(土)-12月3日(日)

休館日 :月曜日(10月9日は除く)、10月10日(火)

開館時間:午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)

      金曜日(11月3日は除く)は午後8時まで(入場は午後7時30分まで)

所在  :名古屋市中区栄2丁目17-25 芸術と科学の杜白川公園内

お問合せ:052-212-0001

アクセス:地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」下車、5番出口から南へ徒歩8分

     地下鉄鶴舞線「大須観音」下車、2番出口から北へ徒歩7分

     地下鉄名城線「矢場町」下車、4番出口から西へ徒歩10分

 


■藤田嗣治の未発表銅版画 特設販売ブース(会期中開催)

藤田嗣治の未発表銅版画を、「藤田嗣治展」会場出口の特設販売ブースで販売いたします。
「キリスト生誕」「東方三博士の礼拝」「猫」の各種額装品の展示、フランク・シャーマンを紹介する特設展示コーナーなどがあります。

今回のランス美術館展で展示されている藤田嗣治の『猫』と同じ図柄の「猫」の作品を販売しております。

お気軽にお立ち寄りください。